苫小牧弥生教会とは

苫小牧弥生教会はプロテスタントの教会で、「日本キリスト教団」に属しています。

教会の歴史は、日本キリスト教団北海教区の北海道特別開拓伝道によって、1954年にR.ブラウンリー宣教師と石川和夫牧師が協力して、弥生町の宣教師館で礼拝を行うことから始まりました。

その後、教会は1958年に宣教師館の隣りに最初の教会堂を建てるとともに、教会付属の「かおり幼稚園」を開園しました。それ以来今日まで、教会は幼稚園と共に歩みつづけています。
ブラウンリー宣教師が帰国されると、代わって1965年にジョージ・マギー、ジョイス・マギー宣教師夫妻が協力宣教師として来られ、40年にわたって歴代の教会牧師と協力して教会や地区の諸教会、地域のために働かれました。

教会は1995年に現在の地に教会堂と幼稚園園舎を新しく建て替えて、現在に至っています。2015年4月に、かおり幼稚園は認定こども園になりました。

教会案内

牧師紹介

image

当教会の第8代目の牧師です。
1955年に愛媛県西予市に生まれる。
高校生の時に「ちいろば牧師」として知られる榎本保郎牧師の著書をとおしてキリスト教に出会い、同志社大学神学部に進学。
同大学院神学研究科を修了後、1982年に岡山教会の伝道師に着任しました。
その後、群馬県の太田八幡教会、横浜の紅葉坂教会、函館千歳教会を経て、2015年4月に苫小牧弥生教会の牧師となりました。
現在、認定こども園「かおり幼稚園」の園長を兼務しています。

パイプオルガンのある教会

1990年にパイプオルガンが設置され、毎週の礼拝で演奏されています。
パイプオルガンはドイツのケーベル社製で、18ストップあり、豊かな音色を奏でています。
苫小牧市内で唯一のパイプオルガンであるため、多くの人にパイプオルガンに親しんでいただけるように、演奏者を招いて演奏会を開いています。

パイプオルガン

教会のバナー(垂れ幕)の紹介

バナー紹介

苫小牧弥生教会からお知らせ

2017年11月24日

開かれた教会として

苫小牧弥生教会は、人々に「開かれた教会」であることを願って、教会堂をコンサートやピアノ発表会、合唱の練習などに広くご利用いただいております。
ご希望・ご相談等ございましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

2017年9月28日

皆様に愛される教会に

苫小牧弥生教会の歴史は、1954年にR.W.ブラウンリー宣教師と石川和夫牧師の二人によって始まりました。当時から、諸地域の教会や近隣の皆様と一緒に歩み続けてきました。
今日では、苫小牧市で唯一のパイプオルガンも完備し、毎週の礼拝では、美しい音色が教会を包み込んでいます。ぜひ、皆様、苫小牧弥生教会に足を運んでいただければと願っております。

2017年3月15日

こども食堂「おいでや」を始めました。

地域の中に、こどもたちがいっしょに食事をしたり、楽しく過ごせる「いこいの場」をつくりたいとの思いから、教会堂を利用して、こども食堂「おいでや」を始めました。毎月第四土曜日の午前11時30分から午後13時30分まで行っています。毎回、おいしい食事と楽しいイベントを用意しています。参加費は、こども100円、おとな200円です。

contact01 インターネットからお問い合わせ